アンテナ工事のマメ知識【注文住宅の場合】

失敗しない選定方法

作業員

地デジを見たいのか衛星放送を見たいかによってアンテナの種類が決まりますが、どれを選んでも良いわけではありません。電界の強さでアンテナの性能を決めますので、取り付け業者に電界の強さを調べてもらってから最適のものを選んでください。

詳しく見る

戸建てでテレビを見るには

男の人

コスパの良い方法とは

これまで賃貸住宅に住んでいた方で注文住宅などの戸建に移る際に意外と忘れがちなのが、どのようにしてテレビを視聴するかどうかです。マンションなどであればあらかじめ共同アンテナが設けられていて自分で何かする必要がないケースがほとんどですが、注文住宅の場合はそもそもどのようにしてテレビを見るかから考える必要があります。選択肢としては、アンテナを設置する、ケーブルテレビを契約する、光回線のテレビサービスを利用するの3種類ですが、あとの2つは毎月の費用がそこそこかかりますので、長い目で見た場合にもっともコストが低くなる可能性が高いのは1番目のアンテナを設置する方法です。アンテナを設置する場合は、当然ながらアンテナの代金とその設置費用がかかります。まずアンテナについては、従来型の魚の骨のような形状をしたものから、最近ではデザイン性を重視した板状のものまで様々なタイプが販売されています。価格も1,2万円程度ですので、割とリーズナブルと言えるでしょう。一方の設置料金ですが、業者や施工する家のサイズによって様々であるものの、概ね3万円から5万円くらいが相場となっています。ただし、テレビの設置場所が多かったり、設置場所が作業困難な場所になるといった場合には通常よりも高い料金が発生する可能性もあるということを念頭において置く必要があります。一方、インターネット上では1万円を切るような安価な業者も存在していますが、値段だけでなく口コミなどを参考に信頼できるかどうかもチェックすることが重要です。

Copyright© 2018 アンテナ工事のマメ知識【注文住宅の場合】 All Rights Reserved.