アンテナ工事のマメ知識【注文住宅の場合】

失敗しない選定方法

作業員

電界の強さで決まる

テレビ放送を見る時に必要不可欠なアンテナですが、見たい放送によって取り付けるアンテナは変わってきます。地デジを見るのであればUHFまたは平面アンテナを、衛星放送を見たい場合にはパラボラアンテナを選びます。しかし、種類さえあっていれば鮮明な画像が映る訳ではないので、性能と自宅の電波強度を確認してから選ぶようにします。テレビ電波の強度は基本的に電波を送信している電波塔からの距離が離れるほど弱くなります。途中に障害物があると距離が短かったとしても電波は弱まってしまいます。距離と障害物の有無によって電波の強さを3つに分けていて、強電界地域・中電界地域・弱電界地域になります。強電界地域に住んでいる場合には、屋外用以外にも屋内用のテレビアンテナを選ぶことが可能です。中電界地域に住んでいる人は、屋内と屋外を兼用して使えるアンテナであれば使用できる可能性が高いです。そして、弱電界地域に住んでいる人は屋外用のアンテナしか選ぶことができません。それでも受信が不十分な場合はブースターを繋いで電気信号を増幅することになります。自分が住んでいる場所がどの地域に入るかは近くの家のアンテナの種類で何となくわかるかもしれませんが、実際には電界を調べてみなければわかりません。アンテナ工事を依頼するときには見積もりをしてもらうことになるので、電界の強さは業者が調べてくれます。それによって価格にあった最適なアンテナを選んでもらうことができるのです。

Copyright© 2018 アンテナ工事のマメ知識【注文住宅の場合】 All Rights Reserved.