アンテナ工事のマメ知識【注文住宅の場合】

定期的にメンテナンス

アンテナ

最適な構成にしてくれます

アンテナ工事は家を建てたときに一回だけしたけれども、そこから数十年経過していると不必要なものがあったり、新たな技術が出てきたりしていてテレビ番組を見るのに不都合が生じることがあります。例えば、アンテナからテレビを繋ぐ線に以前は2本のフィーダー線が使われていましたが、電気的ノイズが大きいためそのまま利用していると地デジ放送がとぎれとぎれになってしまうことがあります。今ではアンテナからテレビまでを電気ロスの少ない同軸ケーブルを使うことになっているので、フィーダー線から同軸ケーブルに交換すると鮮明な映像を見ることができるようになります。しかし、電気や電波に関する知識が少ない素人では、今住んでいる家のテレビの見方が最適なものになっているのか、古くて無駄の多いものになっているかは判断することができません。アンテナの取り付けや住宅内の配線工事を行う業者にチェックしてもらうことによって現在考えられる最適な構成にすることができます。今まで映像がとぎれとぎれになってしまっていたり、チャンネルを変えると映像が出てくるのに時間がかかっていたのはテレビのせいかと思っている人がいますが、アンテナや住宅内の配線を最新の構成にすると、よりテレビの映りがよくなったり、ストレスなくチャンネルを変えることができるようになります。そのため、アンテナ設置から10年経っていたら、そろそろアンテナの寿命を迎えることになるので、アンテナのメンテナンスと同時に住宅内の配線もチェックしてもらってください。

Copyright© 2018 アンテナ工事のマメ知識【注文住宅の場合】 All Rights Reserved.